2019年ともに核兵器禁止条約を求めて

2019.01.01

新年、あけましておめでとうございます。

昨年はみなさまのご協力のもと、830万筆以上の署名を集めることができました。

核兵器禁止条約に批准している国は19か国となり、着実に増えています。

今年はより多くの国と地域の人々と連帯して

昨年以上の署名を集めていきたいと思っております。

 

さて、新年ということで

ヒバクシャ国際署名を代表して3名の方から挨拶を頂いています。

 

《日本原水爆被害者団体協議会事務局長 木戸季市様》

新年おめでとうございます。ヒバクシャ国際署名運動も残すところ2年となりました。

今年、世界で数億、日本で圧倒的多数の署名を集め、

世界から核兵器と戦争をなくす飛躍の年にしましょう。

日本政府に禁止条約の署名批准と、憲法9条遵守を迫りましょう!

 

 

《日本原水爆被害者団体協議会事務局次長 和田征子様》

2019年を核兵器禁止条約発効実現の年にしましょう!!

広島・長崎の被爆者がはじめて全世界に訴えた署名です。

私たち一人ひとりの草の根の願いが集められ、大きな人類の公共の善として

世界を変える力となります。ご自分ができるやり方で、多くの人にお声を

かけてください。数億の署名を集めようではありませんか。

ご協力ください。ご一緒に頑張りましょう!

 

 

《日本原水爆被害者団体協議会代表委員 田中熙巳様》

核兵器を地球上からから一掃することは、人類の生存にとってすべてに優先する課題です。

原爆被爆者は体験を通して強く求めてきました。

2020年は格好の目標年です。新しく迎えた2019年を、核兵器禁止条約を早急に発効させ、

廃絶に向けてさらなる困難に立ち向かって大きく前進する年にしましょう。

 

 

今後ともみなさまのご協力をよろしくお願い致します。

 

 

NEWS

私も署名しました

イメージなし

斉藤一美

文化放送アナウンサー

イメージなし

野口聡一

宇宙飛行士

イメージなし

東ちづる

俳優、Get in touch理事長