呼びかけ人の一人、サーロー節子さん来日

2018.12.11

広島で13歳のときに被爆したカナダ在住のサーロー節子さんが来日しました。

サーローさんはヒバクシャ国際署名の呼びかけ人の一人でもあります。

彼女は核兵器禁止条約締結に貢献し、昨年のノーベル平和賞を受賞した

ICAN(核廃絶国際キャンペーン)と行動をともにし、

核兵器禁止条約交渉会議やノーベル平和賞授賞式などで力強い言葉を発信しています。

今回、久しぶりに生まれ育った広島に里帰りし、母校である広島女学院で講演会や、

地元の学生と交流、東京での講演会、岸田自民党政調会長との面会などを行いました。

久しぶりに広島へ帰ると、「がんばってください」と声をかけられることが多かったそうですが、

そうではなく、「一緒にやりましょう」という意気込みを感じたかったと朝日新聞の取材に答えています。

母校での講演会では「わたしたちに何ができるのか?」という質問に対して、

「政治家と話すこと、ネットサービスなどで発信することなど、誰でもなんだってできる」と答え、

地球市民一人一人の具体的な行動が必要だと訴えました。

核兵器の廃絶を訴えるアクションは誰にでもできます。

その一歩がまさに「ヒバクシャ国際署名」なのではないでしょうか?

この来日でサーローさんから背中を押された方も多いでしょう。

ぜひ、最初の一歩として、ヒバクシャ国際署名にサインし、

サインしたことをSNSや周りの方へ伝えてみてください。

サーローさんと一緒に、世界中の核被害者と一緒に声をあげてみませんか?

 

NEWS

私も署名しました

イメージなし

池辺晋一郎

作曲家

イメージなし

落合恵子

作家・元文化放送アナウンサー

イメージなし

斉藤一美

文化放送アナウンサー