署名期間延長のお知らせ

2020.10.12

署名期間延長のお知らせ

ヒバクシャ国際署名は、核兵器禁止条約発効が間近に迫っておりヒバクシャ国際署名のニーズが国内外でかつてないほど高まっていることから、署名の受け付けを2020年12月31日まで継続し、1月初めに集約、1月中に国連に最終提出を行うことを決定しました。

  • 新たな最終集約日、いつどのような形で提出するのかは現在調整中です。
  • 9月までで活動を終了した組織が再開するかどうかは各組織や地域連絡会の判断に委ねます。
  • 核兵器禁止条約が10月に50か国批准を達成した場合、発効が90日後の1月中になること。延長されている2020年NPT再検討会議も1月に開催される予定であることから、2016年からの活動の集大成を2021年1月に定めることにしました。

核兵器禁止条約の発効も間近。50か国批准が達成されれば、核兵器に対する国際的な関心がかつてないほど高まります。その期間こそ、被爆者の声が届けるかつてないチャンスです。そのきっかけに多くの方がこのヒバクシャ国際署名を「対話のきっかけ」として使用していただきたいです。引き続きよろしくお願いします。

NEWS

私も署名しました

インスハート

ミュージシャン

イメージなし

瀬戸内寂聴

作家、僧侶

清水まなぶ

ミュージシャン/俳優

デニ・ムクウェゲ

婦人科医、人権活動家。2018年ノーベル平和賞受賞者

クリフトン・ダニエル

米国第33代大統領ハリー・S・トルーマン孫

イメージなし

Metis

アーティスト、被爆三世

いとうせいこう

クリエイター