941万の署名をニューヨークへ

2019.05.01

4月23日に行われた記者会見で2019年3月までに集まった署名数が発表されました。

署名累計数は941万5025人分となりました。

 

ヒバクシャ国際署名を代表して日本被団協の木戸季市事務局長と

濱住治郎事務局次長が渡米します。

4月29日からニューヨークで開かれるNPT準備委員会の議長へ

5月1日の日本時間午後11時ごろにNGOセッションがあり、

そこで署名目録を手渡す予定です。

 

記者会見では2人がそれぞれの想いを語っています。

 

濱住治郎事務局次長(広島胎内被爆)

「全国に7000人いる胎内被爆者の1人として

5月1日に行われる準備委員会のNGOセッションで発言します。

こうした会議で胎内被爆者が発言するのは初めてです。

父は子供の成長を見届けることなく死んでいきました。

原爆が人間に何をしたのか、またNPTが積み上げてきた軍縮の動きを

止めないで進めて欲しい、と訴えたいです。」

 

木戸季市(長崎で5歳のときに被爆)

「2020年に向けての会議などもあり、

やりとげないといけないという思いで緊張しています。

ヒバクシャ国際署名が目標としている2020年まであと少しです。

「あの日」何が起こったのか、被団協運動の「人類を救うため」という精神、

今何をしようとしているのか、をしっかり訴えていきます。」

 

記者会見の様子は以下のメディアでも取り上げられています。

 

▽しんぶん赤旗

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik19/2019-04-24/2019042401_02_1.html

 

▽中国新聞

http://www.hiroshimapeacemedia.jp/?p=90494

 

▽NHK広島

https://www3.nhk.or.jp/hiroshima-news/20190424/0004231.html

 

 

準備委員会のことや、ニューヨークでの活動の様子は

随時ヒバクシャ国際署名のTwitter(@hibakusha_1945)や

Facebookで更新していますので、ぜひそちらをご覧ください。

 

NEWS

私も署名しました

イメージなし

落合恵子

作家・元文化放送アナウンサー

イメージなし

東ちづる

俳優、Get in touch理事長

イメージなし

Metis

アーティスト、被爆三世