地球市民集会ナガサキーわたしたちにできることを考える

2018.12.27

11月16日から18日に、「第6回 核廃絶 地球市民集会ナガサキ」が

長崎原爆資料館を中心に行われました。

2000年に第1回の集会が開催され、「核兵器のない世界」の実現のために

市民社会に何ができるのかを、幅広い世代で話し合っています。

 

長崎アピール2018では、2017年の核兵器禁止条約成立や、

ICAN(核兵器廃絶国際キャンペーン)がノーベル平和賞を受賞し、

希望と力を与えたと強調しています。

そのうえで、日本政府に対して

「核軍縮・不拡散政策で方向性を見失っている」と批判しました。

このような流れの中で、すべての国に核兵器禁止条約の早期批准を求め、

「ヒバクシャ国際署名」などの運動を通じて、

被爆者の悲劇的な経験を積極的に記憶し次の世代 に継承していくことを要請しています。

 

長崎アピール2018全文はこちら↓

http://ngo-nagasaki.com/2018/pdf/2018NagasakiAppeal_j.pdf

 

集会開催期間は、ヒバクシャ国際署名のブースを出させていただき、

参加者の方から署名を集めることができました。

 

この運動も追い風にして、2020年に向けて署名集めに尽力していきます。

 

NEWS

私も署名しました

イメージなし

瀬戸内寂聴

作家、僧侶

いとうせいこう

クリエイター

清水まなぶ

ミュージシャン/俳優