<![CDATA[ヒバクシャ国際署名 - BLOG]]>Wed, 15 Nov 2017 19:06:30 +0900Weebly<![CDATA[クラウドファンディング、スタートしました!]]>Mon, 01 May 2017 07:05:13 GMThttp://hibakusha-appeal.net/blog/1367139遂にクラウドファンディングがスタートしました。ご支援のほど、宜しくお願いいたします!クラウドファンディングはこちらから。
]]>
<![CDATA[Twitterアカウントが開設されました!]]>Mon, 01 May 2017 00:43:01 GMThttp://hibakusha-appeal.net/blog/twitterTwitterアカウントが遂に開設!
@hibakusha_1945
フォローしてください!
]]>
<![CDATA[ヒバクシャ代表、藤森さんが国連でスピーチ]]>Mon, 27 Mar 2017 16:52:49 GMThttp://hibakusha-appeal.net/blog/8792179


2017年3月27日(現地時間)、国連で核兵器禁止条約交渉会議が始まりました。

ヒバクシャ国際署名を、現地に日本被団協事務局次長藤森俊希さんが現地へ行っています。藤森さんは開会直後、力強いメッセージを国連総会ホールで発表し、世界の指導者たちに被爆者の願いを伝えました。

藤森さんのメッセージ全文を紹介します。

]]>
<![CDATA[全国首長からの署名リスト、遂に完成しました!]]>Tue, 14 Mar 2017 15:00:00 GMThttp://hibakusha-appeal.net/blog/8669518全国の県知事・市町村長からの署名数

現在545

ダウンロードは右のアイコン
​もしくはこちらから
首長リスト20170319最新版.xlsx
File Size: 50 kb
File Type: xlsx
ファイルのダウンロード

]]>
<![CDATA[核兵器禁止条約交渉会議直前全国一斉行動]]>Mon, 13 Mar 2017 15:00:00 GMThttp://hibakusha-appeal.net/blog/2145481
Facebookイベントページ
​https://www.facebook.com/events/1450046728402384/
]]>
<![CDATA[平和首長会議の賛同・協力が決定]]>Thu, 16 Feb 2017 15:00:00 GMThttp://hibakusha-appeal.net/blog/3057823
2017年2月16日、平和首長会議小溝事務総長とヒバクシャ国際署名キャンペーンリーダーの林田が面会。

その場で、平和首長会議が
ヒバクシャ国際署名を賛同・協力することを確認しました。

また、広島市平和文化センターとしても全面的にヒバクシャ国際署名に賛同・協力することを約束されました!

両団体との協力についての具体的な内容については今後継続して協議していきます。
]]>
<![CDATA[会報誌 "HIBAKUSHA NEWS" が完成!]]>Sat, 04 Feb 2017 15:00:00 GMThttp://hibakusha-appeal.net/blog/-hibakusha-news隔週を目安に継続して発行していきたいと思います。

次回vol.3は2月13日以降に発行を予定しています。

​vol.1&2合併号のダウンロードは下のファイルをクリック。
hibakushanewsvol1.pdf
File Size: 15454 kb
File Type: pdf
ファイルのダウンロード

]]>
<![CDATA[緊急集会「被爆者は核兵器禁止条約を求める」]]>Mon, 31 Oct 2016 15:00:00 GMThttp://hibakusha-appeal.net/blog/7941286
集会の報告はこちらから
]]>
<![CDATA[10月6日お昼頃(NY現地時間)、国連総会第一員会​ザブリ・ブカドゥム議長に今年度分の署名を提出しました!]]>Fri, 07 Oct 2016 15:00:00 GMThttp://hibakusha-appeal.net/blog/106ny
今年度分(9月末締切)の署名総数は

56万4240筆
8月より本格的にスタートしたヒバクシャ国際署名でしたが、2か月でこれだけの署名を集めることができました。みなさまのご協力、感謝申し上げます!10月1日以降に集められた署名は2017年9月末締切の2017年度分としてカウントいたします。今後ともよろしくお願いします。
]]>
<![CDATA[「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」]]>Wed, 31 Aug 2016 15:00:00 GMThttp://hibakusha-appeal.net/blog/8837727国連が定める「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」にあたり、
「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」推進連絡会(以下、「ヒバクシャ国際署名」)として、
2つの行動を行います。

 
① 声明文“「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」にあたって”のリリース
② 9月26日当日、渋谷ハチ公前での街頭署名アクション

「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」にあたって

 
 被爆から71年の今年は、オバマ大統領の現役大統領として初の広島公式訪問の影響を受けて、核兵器や広島・長崎に対する注目が国内外で大きく高まった年でした。
 
 そのような最中、9月9日に北朝鮮が5度目となる核実験を行いました。これは、関連国連安保理決議や六者会合共同声明に反し、北東アジアのみならず国際社会全体に脅威を与える不当な行為であり、いかなる理由をもっても許されません。私たちは、「核兵器のない世界」の実現を願う市民として、北朝鮮が一切の核・ミサイル開発計画をただちに放棄することを求めます。
 また、私たちは今回の実験が、対北朝鮮軍事的威嚇の強化論や日本の核武装といった極論につながることを懸念します。必要とされているのは、核兵器禁止へ向けた国際社会によるルールの強化です。
 
 国際社会に目を向けると、核兵器保有国と非核兵器保有国の溝は一層深まっています。非核兵器国を中心に、核兵器禁止条約に求める声が高まっています。一方この動きに対し、核兵器保有国は「核抑止」の立場からに否定的な声を強めています。
 
「核兵器は、人類はもとより地球上に存在するすべての生命を断ち切り、環境を破壊し、地球を死の星にする悪魔の兵器です」(「ヒバクシャ国際署名」の訴え)。
核兵器は、意図的であれ、偶発的であれ、二度と使われてはならない兵器です。「核抑止」によって保たれるとされる「安全」は非常に脆弱なものです。まして核兵器を使用することは、それがいかなる結末をもたらすのかに関する想像力を全く欠く行為です。キノコ雲の下で起きたことを伝えるヒバクシャの声に世界中の人々が耳を傾け、一日も早く核兵器の禁止へと足並みを揃えることを、私たちは強く望みます。
 
核兵器の廃絶を実現する具体的なステップとして、「核兵器禁止条約」のすみやかな交渉開始を求めます。「核兵器を禁止し廃絶する条約」の締結をヒバクシャは呼びかけています。その声を目に見える形にするために「ヒバクシャ国際署名」を世界中の人びとにひろげ、核兵器に依存する世界ではなく、核兵器のない平和な世界の実現をともに目指しましょう。
 
2016年9月26日
「ヒロシマ・ナガサキの被爆者が訴える核兵器廃絶国際署名」推進連絡会

「核兵器の全面的廃絶のための国際デー」ロゴあり.pdf
File Size: 1653 kb
File Type: pdf
ファイルのダウンロード

9月26日渋谷ハチ公前での街頭署名アクション
(日時)2016年9月26日(月)14:00-15:00
(場所)渋谷ハチ公前

「ヒバクシャ国際署名」推進連絡会の各団体による街頭署名活動、各団体からスタッフ及び被爆者が参加。

​街頭で署名を集めるほか、簡易ステージにて被爆者を含む数名がスピーチを行う予定。
]]>